ニキビの原因と保湿

ニキビは十代の思春期に多いと思われていますが、実は二十歳過ぎてもニキビに悩んでいる人も結構いるのです。そしてニキビの理由は大きく分けて二つ。特に思春期にできるニキビは、思春期ニキビとも言い、成人の体に近づきホルモンが不安定になり、皮脂コントロールも乱れやすくニキビになりやすい状態に。その代わり成人になってホルモンバランスが整うと、治っていく場合がほとんどです。

そしてもう一つの大人ニキビと言われるニキビがあります。このタイプは逆に成人になってからニキビができやすくなるものです。このタイプのニキビは、肌の状態のトラブルによって起こると言われており、特に皮脂コントロール異常が原因になることも多いと言われています。皮脂が多すぎると毛穴に余分な皮脂が溜まりすぎ、そこにニキビ菌とも言われているアクネ菌が増殖することに。もう一つは皮脂不足によって表皮がボロボロ剥がれ、そのカスが毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が増殖してニキビになるということも。

皮脂が多い場合も不足の場合も、肌のコンディションが悪いことが原因であり、保湿が不足していることが深く関係しています。一見皮脂分泌が多いと、保湿は足りていると思われがちですが、皮脂分泌異常になることこそ保湿が不足しているからなのです。皮脂分泌異常は肌のターンオーバーが崩れており、その原因が保湿不足と言われています。そのため大人ニキビ改善のためには保湿ケアは重要なのです。

参考HP《ニキビ予防保湿化粧品 – 肌潤糖
砂糖の保湿力を利用したニキビ予防のための化粧品です。