ニキビケアと洗顔

ニキビは保湿ケアがとても必要ですが、保湿ケアで忘れてならないのが洗顔ではないでしょうか。そして洗顔に使用する洗顔料や石鹸についてもしっかり選ぶことが重要です。ニキビは脂性の人に発症すると思われていますが、実は乾燥肌の人にも起こります。そしてどちらも皮脂分泌異常が起こっているのです。そして皮脂分泌異常の原因の一つに、洗顔料や洗顔石鹸の影響があるとも言われているのです。

特に洗顔用の洗顔料や石鹸であっても、一般的に売られているアルコール系のものは避けましょう。ほとんど合成活性界面剤が配合されており、毛穴の中の必要な皮脂まで取り除いてしまいます。人によっては乾燥肌になってしまい、人によっては逆に体が皮脂をどんどん分泌してしまうなど、皮脂分泌異常が起こってしまうのです。そして肌のターンオーバーも乱れてしまい、ニキビのリスクが高くなります。そのため洗顔料や洗顔石鹸は、ナチュラルな天然成分でできた質の良いものを使用するようにしましょう。当然添加物は肌の質を低下させてしまいます。

そしてあとは洗顔方法ですが、できるだけ泡洗顔を基本に、肌と手をこすりつけないように泡で洗うようにしましょう。そして最後にタオルで顔を拭くときにも、タオルでこすらずに押しつけるように水分を吸い取るようにします。そして洗顔後は時間とともにどんどん皮膚から水分が蒸発してしまうので、洗顔後すぐにケアをすることも大切です。